« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

報告会や総会等に出席、来週末は小金井公園の桜まつり

今日は岸田正義さんの初当選となった市議会議員選挙の選挙報告会、(社)東京都トライアスロン連合総会等の会合に出席しました。

桜が満開となった日曜日でしたが、朝からの雨模様と冬のような寒さで、残念な思いをされた方も多いと思います。

さて、小金井公園は来週、4月5日(金)~7日(日)が桜まつりとなります。たくさんのイベントや地元の皆様の出店もあります。桜の花は少ないと思いますが、ぜひぜひ小金井公園でお楽しみください。

桜まつり → https://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/keizaika/info/sakuramatsuri.html

|

2013年3月30日 (土)

振り込め詐欺の新名称が公募されています。

私も本会議質問で取り上げた深刻な振り込め詐欺。より実態を反映した名称にあらためるため、警視庁より新名称が募集されています。

警視庁 →  http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/han_furikome/f_name_re.htm

|

2013年3月29日 (金)

都議会第1回定例会の閉会に伴う幹事長談話が発表されています。

<都議会民主党幹事長談話>

本日、平成25年第1回定例会が終了しました。

都議会民主党は、猪瀬知事としては初の予算となる「平成25年度東京都一般会計予算」をはじめとした知事提出議案全てに賛成しました。

「一般会計予算」他の予算案については、都税収入が依然低い水準にあるなかで、将来の財政負担にも配慮した、総じて、堅実な予算案となっていることなどを評価し、賛成しました。猪瀬知事は、「国を動かし、民間活力を引き出しながら、新たな東京モデルを発信していく」予算案だと述べていますが、予算案に盛り込まれた調査や検討などを踏まえ、真に必要な事業については、今後の積極的な展開を期待するものです。

「中央卸売市場会計予算」については、豊洲市場予定地の汚染された土壌が無害化され、安全な状態になっていることを確認すること、リスクコミュニケーションなどを通じて、都民に安全宣言できるような状態で開場すべきであることを改めて付言しました。

自転車条例については、関係者や都民の意見を十分反映した上で「自転車安全利用推進計画」を策定すること、駐輪場確保に積極的に取り組むこと、自転車を都市における有効な移動手段として捉え、総合的な自転車政策を展開することを求めました。

昨年に引き続き提案しました「東京都がん対策推進条例」については、他会派の皆様の意向を尊重して、継続審査とすることに同意しました。今後、各会派の皆様と精力的な議論を積み重ね、第2回定例会において全会派の合意を得られるような成案を得たいと考えています。

意見書・決議では、「水道」「工業用水道」「下水道」料金減免を求める決議、並びに「小笠原」「肝炎」「放課後等ディサービス」「MTBI」「ほう素・フッ素等の排水基準」意見書を共同提案し、全会派の賛同を得ました。

私たちは、これまでの具体的な成果をお示しつつ、都民の皆様のご意見を丁寧にお聞きし、新たな政策に反映していきます。そして、こうした取り組みを通じてこれからの都政を切り拓き、更に都民福祉の向上を目指してまいります。

|

矢谷明子さんが主催する被災地支援活動「クレモナ震災被災者弦楽器支援の活動報告と楽器演奏・展示会」の会場に伺ってきました。

国分寺市出身のクレモナ在住、ヴィオラの奏者である矢谷明子さんが主催する「クレモナ震災被災者弦楽器支援」の活動報告と楽器演奏・展示会の会場となったイタリア文化会館に伺わせていただきました。

弦楽器の生産地として世界で最も有名なイタリアのクレモナ職人や弦楽器制作学校の生徒さん、音楽関係者の方々から寄贈していただいたとても素晴らしい、そして価値のある弦楽器を東日本大震災の被災地や被災者の方々で、大切な弦楽器が津波に流されてしまったり、また学校等で弦楽器に関わられていた方々等に贈ろうというとても意義のある支援活動がスタートしました。震災直後からの活動なので、2年がかりの活動ともなっています。

この支援活動は、矢谷明子さんが発起人となってクレモナからスタートしました。息の長い支援、心の復興が求められている中にあって、この支援活動は、楽器を通じた日本とイタリアの心の架け橋ともなるとても素晴らしい活動であると感じています。

また報道を通じてこの活動を知った都民の方が、子どものころに使っていた自分のヴァイオリンを矢谷さんに寄贈し、被災地で活用していただきたいとの嬉しい申し出もあり、当日のステージでは急遽、贈呈式も行われました。

この活動に関わられている方々とご縁があり、私もこの活動のお手伝いをさせていただいています。矢谷さんのコンサートも2度目の参加となりました。

またコンサート会場では、被災地に贈られるヴァイオリンが初めて公開されました。私は素人ですから、楽器の専門的なことはわかりませんが、目の前に並べられた素晴らしい楽器からは、言葉にはできない被災地、被災者の方々への心のこもった温かい、やさしい音色が聞こえてきそうな、本当に本当に素敵な素敵なヴァイオリンでした。

クレモナのヴィオラの音色、本当に素晴らしかったです。初挑戦となった日本の名曲「赤とんぼ」の弦楽3重奏も心に染み入る素晴らしい音色を奏でてくれました。私達にも感動と勇気をいただきました。飯島明子さんによる被災者である佐藤啓子さんの感動的な詩の朗読も行われ、心に響きました。息の長い、決して風化させてはならない被災地支援の継続性を私自身もあらためて痛感しました。

矢谷明子さんの熱意あるこれらの活動を通じて、イタリアのクレモナの皆様の被災地への強い思いが届けられ、本当の心の絆が結ばれるよう、被災地の方々の心の復興が大きく前進するよう、心の底から祈っています。そしてこれからの矢谷さんの活躍と活動もとても楽しみです。昨日の画像や関連ニュースは下記をご参照下さい。

130329_200327

130329_210740_3

130329_195654_2

関連ニュース(読売新聞、TBS)↓

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/classic/clnews/01/20130323-OYT8T00354.htm

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5293868.html

|

2013年3月28日 (木)

平成25年第1回都議会定例会の最終本会議が行われました。

今日は、第1回都議会定例会の最終本会議が開会されました。

平成25年度の東京都の方向性を決定づける極めて重要な都議会となりました。

私自身は、本会議一般質問にて防災対策、エネルギー対策(見える化)と自然再生エネルギーの活用、振り込め詐欺対策、小金井市のごみ処理及び広域化、雨水浸透事業等、総務委員会では、尖閣諸島基金条例や帰宅困難者対策及び防災隣組等に関する質問を行いました。

一般質問では、原発ゼロを東京から牽引していくために、東京の電力は、伊豆諸島や多摩地域の資源を活用し、東京で生み出しつくるという私なりの主張を展開しました。またエネルギーの「見える化」では猪瀬都知事からの答弁にて、ソーラー屋根台帳等、都のエネルギー対策が大きく前進していく手応えを感じるとともに、振り込め詐欺対策の強化においては、警視総監より、これまで以上の取り組みが推進されていく強い決意を感じさせていただきました。

一般質問や委員会質問の議事録や動画、都議会レポート等は、西岡真一郎ホームページをご覧下さい。

都議会民主党の討論には、田中健議員が立ちました。討論内容は下記サイトをご参照下さい。

西岡真一郎ホームページ → http://homepage3.nifty.com/s-n/

都議会民主党サイト → http://www.togikai-minsyuto.jp/

|

2013年3月27日 (水)

ご声援ありがとうごあいました!小金井リトルシニアリーグ、全国大会でも大活躍!春の関東大会も奮闘を祈っています!

小金井リトルシニアリーグ(中学生硬式野球)は、昨年の関東秋季大会でベスト16入りを果たし、リーグ創設41年目にして、初の春の全国大会出場を決定しました。

この素晴らしい快挙は、選手や監督・コーチ等のリーグ関係者の並々ならぬ努力、そしてこの間、小金井リトル・リトルシニアリーグにご支援いただいた全ての皆様、諸先輩の皆様方のご尽力の賜物です。

3月16日(土)には、市民交流センターにて盛大に壮行会が開催されました。併せて、当日に行われた試合で、小金井リトルシニアリーグは春の関東大会出場も決定するというさらなる快挙も成し遂げました。

3月25日には、大阪の京セラドームにて全国大会の開幕式が行われました。素晴らしい開幕式であったと聞きました。

そして26日には、奈良県佐藤薬品グランドにて第1戦、岐阜県の岐阜シニアリトルとの試合が行われました。私も、奈良県までの日帰りという強攻スケジュールにて試合の応援に行き、精一杯に応援しました。手に汗握る素晴らしい試合でした。結果は、6-3にて見事に初戦勝利!皆で飛び上がって喜びました!同じ関東リーグの栃木県の下野リーグの選手の皆さんの力強い応援も大変な後押しになりました。小金井の名が全国に轟きました。

そして、翌日の第2戦は、関西の強豪、伊丹リーグとの試合となり、東京からエールを送り、報告を待っていました。試合結果は、4-1で敗れました。さすがは全国大会です。しかし、小金井リーグ、春の大会に初出場、初戦勝利ということで、本当によく頑張りました。

小金井リーグが、ここまで奮闘したのは大変な快挙であり、選手の皆さんには胸を張って、今後とも頑張っていただきたいと思います。まずは春の関東大会がスタートしますので、ますます健闘されることを祈っています。

ご声援頂いた皆様に心より御礼を申し上げます。

全国大会の試合の詳細やリーグ情報等は下記サイトをご参照ください。また、今週のJCOM「じもとぴ」には壮行会の模様等が放映されています。ぜひご覧下さい。

小金井リトルシニアリーグ公式サイト → http://koganeils.exblog.jp/

130316_192659   130316_200217_2   130303_152558_2

130326_154031_2   130326_145703   130326_152630

|

2013年3月25日 (月)

小金井市議会議員選挙の結果

3月24日に投開票された小金井市議会議員選挙に際し、民主党は、現職3名・新人1名の布陣で臨み、民主党への逆風が続く中でも、地域政策を掲げ、まちを歩き、全力で戦いました。選挙戦は、定数24名に35名が立候補し、投票率は前回よりも低下し、43,97%となりました。

結果は、新人候補の岸田正義候補が大健闘し初当選、現職1期の鈴木成夫候補が2期目の当選を果たすも、3期目に挑んだ村山ひでき・宮崎晴光候補は及ばず、党全体としては極めて厳しい結果となりました。

村山候補、宮崎候補ともに、ごみ問題やまちづくり等の小金井市の重要課題の解決のため、そして小金井市の未来と市民の皆様の利益のために、議会や地域の中で必死になって活動してきただけに、とても残念でなりません。2人ともに、私達のチームの中の要の存在である以上に、市議会の中で、重責を担ってきた存在だけに、悔しい思いでいっぱいです。

また、このような状況の中、各候補を支えていただいた皆様には、感謝の気持ちで一杯であります。

しかしながら、有権者の皆様の審判が下された以上、これが示された現実の結果であります。これまでの歩みをあらためて振り返らなければなりません。同時に、貴重な2議席をいただきました。候補自身や民主党が示した政策の実現と小金井市の課題解決のために、引き続き全力で取り組まなければなりません。

これから、4名の同志の皆さんが朝の駅頭に立ちますので、私も行って参ります。

選挙戦の結果等は下記のサイトをご参照下さい。

小金井市選挙管理委員会 

→ http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/senkyokanriiinkaijimukyoku/senkyokanriiinkaijimukyoku/info/sigisen250324.html

|

2013年3月17日 (日)

細野豪志民主党幹事長とともに、小金井市内にて街頭演説を行いました。

3月17日(日)、細野豪志民主党幹事長とともに、小金井市内の各所にて街頭演説を行いました。下記サイトの民主党本部ホームページニュースをご参照下さい。↓

http://www.dpj.or.jp/article/102156/%E7%B4%B0%E9%87%8E%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E9%95%B7%E3%81%8C%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%BB%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E3%81%A7%E8%A1%97%E5%AE%A3%E3%80%81%E9%80%A3%E5%90%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A8%E6%84%8F%E8%A6%8B%E4%BA%A4%E6%8F%9B

|

2013年3月16日 (土)

民主党小金井支部より、機関紙や支部役員の紹介!

民主党小金井支部の機関紙や共に活動している同志の皆さんをご紹介いたします!

機関紙(2月24日号) → http://homepage3.nifty.com/s-n/report/press_13.2-2.pdf

機関紙(2月17日号) → http://homepage3.nifty.com/s-n/report/press_13.2.pdf

機関紙(11月25日号)→ http://homepage3.nifty.com/s-n/report/press_12.11.pdf

村山 秀貴→http://www.murayama.tv

宮崎晴光→http://www.dpj.or.jp/member/3033/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%99%B4%E5%85%89

鈴木 成夫→http://suzukishigeo.blogspot.jp/

岸田 正義→http://www.kishida-koganei.net/

民主党東京都連 → http://www.tokyo.dpj.or.jp/

|

西岡真一郎事務所では、ボランティアスタッフ、インターン生を常時募集しています。

西岡真一郎事務所では、様々な作業のヘルプをしていただくボランティアスタッフと地方議会活動を学ぶインターン生を常時募集しています。

一緒に活動していただける皆様のお力をぜひともお寄せいただければと願っております。こうした活動にご興味、ご関心のある方は、西岡事務所までご連絡下さい。よろしくお願い申し上げます。なお、インターンシップ活動は、下記サイトをご参照下さい。

西岡事務所 → http://homepage3.nifty.com/s-n/intern.html

|

2013年3月15日 (金)

総務委員会において震災対策に関する質疑を展開

都議会総務委員会において、東京都が取り組む帰宅困難者対策及び防災隣組に関する質疑を行いました。

帰宅困難対策では、携帯電話等の通信環境の整備、鉄道関連施設の耐震化、民間部門の取り組み促進、多摩地域の帰宅困難者対策の現状、防災隣組では、町会・自治会の活性化や今後の取り組み方針等に関して質疑を行いました。

後日、議事録等をアップいたします。

|

都議会民主党の予算委員会での奮闘!都議会定例会は大詰めを迎えています。

都議会では、3月12日~14日までの間、予算特別委員会が開会されました。都議会民主党からは多くの議員が総括質問に挑み、都政のあるべき姿を質し、積極的な政策提言が行われました。各々の議員の質疑は下記ホームページをご参照下さい。

現在、都議会第1回定例会が開会中であり、大詰めを迎えています。各常任委員会では予算調査や議案審査が行われ、来週には常任委員会の採決、再来週には予算委員会の採決が行われ、そして3月28日(木)が最終本会議となります。

今定例会では、私も積極的に質問に立ちました。

2月27日には本会議一般質問、3月5日には総務委員会(尖閣諸島寄付金)、3月15日には総務委員会(帰宅困難者対策・防災隣組)で質疑に取り組みました。西岡真一郎の質疑はホームページをご参照下さい。

都議会民主党 → http://www.togikai-minsyuto.jp/

東京都議会公式サイト → http://www.gikai.metro.tokyo.jp/

西岡真一郎一般質問動画 → http://www.youtube.com/user/2009youkoso

西岡真一郎サイト → http://homepage3.nifty.com/s-n/

|

2013年3月13日 (水)

IOC評価委員会東京視察団へのPR

東京都トライアスロン連合の仲間の皆さんとともに奮闘した先般のIOC評価委員会東京視察団へのPR活動(晴海選手村及びお台場トライアスロン競技大会会場)の模様がアップされました。下記のサイトからご覧下さい。

東京都トライアスロン連合ニュース → http://www.tmtu.or.jp/2013ioc.html

|

2013年3月12日 (火)

西岡真一郎ホームページ、議事録・動画・機関紙等の最新情報を更新しました。

西岡真一郎ホームページ、都議会本会議一般質問議事録・動画、都議会レポートや民主党小金井支部の最新機関紙等の最新情報を更新しました。

こちらのアドレスからご覧ください。

西岡真一郎ホームページ → http://homepage3.nifty.com/s-n/

|

2013年3月11日 (月)

震災から2年、今日思うこと。

東日大震災から今日で2年が経過しました。

あらためまして、犠牲となられた方々やご遺族の皆様に衷心より哀悼の意を表しますとともに、被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

本日14時46分、私は小金井市内の地域を回っていましたので、住宅街の中で立ち止まり、携帯電話のワンセグでTVを見ながら、1分間の黙祷をさせていただきました。

あの緊迫した数週間を振り返り、自分自身のブログも読み返してみました。震災から2ヵ月後に被災地支援で訪問した岩手県大船渡市等の被災地の様子は、生涯忘れることはありません。

都議会で活動している一員として、今後とも、息の長い被災地支援、東京の電気は東京で生み出すエネルギー対策、阪神淡路や東日本大震災等の教訓を踏まえた東京の災害対策に全力で取り組む決意であります。

何よりも、将来的に原発を確実にゼロにしていく取り組みは、なんとしても取り戻さなくてはなりません。

2年前の記憶と教訓、決意したことを風化させないことが最も大切なことと感じています。

http://s-n.air-nifty.com/tokyo/2011/03/post-51b6.html

http://s-n.air-nifty.com/tokyo/2011/03/post-9358.html

http://s-n.air-nifty.com/tokyo/2011/03/post-f1ae.html

http://s-n.air-nifty.com/tokyo/2011/03/post-3039.html

http://s-n.air-nifty.com/tokyo/2011/03/post-07f7.html

|

震災から2年、民主党談話

民主党代表 海江田万里

 わが国に甚大な被害をもたらした東日本大震災が発生して、今日で丸2年となりました。震災であまりにも多くの尊い命が失われたことに改めて思いを致し、衷心より哀悼の念を表しますとともに、未だ行方不明のご家族や関係者がおられる皆さまをはじめ、全ての被災者の皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。

 被災地の復興なくして日本の再生はなく、震災復興には与党も野党もありません。私たちは野党となりましたが、今後とも被災地の復興に全力で取り組む決意です。これまで復旧・復興の最前線において対応してきた経験・知見を活かし、被災地の復興に資する政策であれば、政府・与党をむしろ引っ張っていく決意で諸課題に取り組みます。民主党東日本大震災復興推進本部を先頭に、被災地のみなさんのお話をうかがい、具体的な取り組みを進めてまいります。

 そして何より、東京電力福島第一原子力発電所の事故により住み慣れた故郷を追われ、今なお不自由な生活を余儀なくされている皆さまに、私たち民主党は今後とも寄り添い、健康面をはじめとしてあらゆる面で支援してまいります。原発事故のもたらした教訓を後世に伝え、このような事故が二度と起こらないよう厳格な安全審査を確立するとともに、再生可能エネルギーを中心として2030年代に原発ゼロ社会をつくります。福島再生を果たし、美しい故郷を取り戻すため、私たちはこれからも全力を尽くしてまいります。

 あの震災から2年が過ぎましたが、その記憶が風化することはあってはなりません。私たち民主党は、被災地復興のために何ができるのかを常に心にとめ、被災地の皆さんとともにこれからも歩み続けてまいります。

|

2013年3月10日 (日)

2月27日の都議会本会議一般質問の動画をアップしました。

先日の都議会本会議一般質問の動画をアップしました。下記サイトからご参照下さい。
<質問項目>
・エネルギーの見える化とソーラー屋根台帳の整備について
・島嶼地域での自然再生可能エネルギーの導入促進について
・振り込め詐欺への対策強化と被害者支援等について
・花粉症対策としての多摩産材の公共利用について
・多摩産材の民間住宅への支援策の構築について
・ごみ処理等の多摩地域の広域連合の展望について
・雨水浸透ますの設置事業の現状と設置促進について

|

小金井リトルシニアリーグ、選手壮行会を開催!

10日の日曜日は、小金井リトルシニアリーグ(中学生硬式野球)の初の快挙、春の全国大会出場を祝した小金井リトル.リトルシニア野球協会の全選手参加の壮行会が盛大に開催されました。

小学一年生から中学二年生までの全選手96名が集い、皆で全国大会出場を祝し、全国大会での健闘と初戦の勝利に向かって決意を固めました!

頑張ろう、小金井リトルシニアリーグ!

|

2013年3月 9日 (土)

西岡真一郎ホームページを更新しました。動画、都議会レポート、民主党小金井支部機関紙等の最新情報をアップしました。

西岡真一郎ホームページを更新しました。

動画、都議会レポート、民主党小金井支部機関紙等の最新情報をアップしました。

下記サイトからご参照下さい。

西岡真一郎サイト → http://homepage3.nifty.com/s-n/

|

2013年3月 8日 (金)

卒業式や都議会本会議(中途議決)

今日は、まさに分刻みの過密なスケジュール。

民主党小金井支部早朝会議、都立多摩科学技術高校卒業式、都議会民主党総会、都議会本会議(中途議決)、都庁での打ち合わせ、華道教室の見学、広報担当業者との打合せ、都立小金井工業高校定時制卒業式、武蔵小金井駅(村山ひでき市議会議員・岸田正義政策委員)街頭演説等に出席しました。

都議会本会議では、平成24年度の最終補正予算案や尖閣諸島基金等の議案が先行して採決されました。会派の討論は下記サイトをご参照下さい。

討論 → http://www.togikai-minsyuto.jp/teireikaihokoku/post_631.html

さて、卒業式シーズンとなりました。卒業式は本当に感動的。

卒業式では、清々しい卒業生の笑顔や感動的な送辞・答辞等から、私達にも元気と勇気をいただいています。卒業生全員斉唱した「旅立ちの日に」、素晴らしかった。

|

都議会定例会中途議決における都議会民主党の討論が行われました。

都議会定例会中途議決における都議会民主党の討論が八王子選出の滝沢都議会議員より行われました。

討論内容は下記サイトからご参照下さい。

→ http://www.togikai-minsyuto.jp/teireikaihokoku/post_631.html

|

2013年3月 7日 (木)

2月27日の西岡真一郎・都議会一般質問の速記録がアップされました。

2月27日に行った西岡真一郎の都議会本会議一般質問の速記録がアップされました。下記サイトからご参照下さい。

→ http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/proceedings/2013-1/03.html#01

通告内容は下記の通りです。

1、東京のエネルギー対策について

1)エネルギーの見える化とソーラー屋根台帳の整備について

2)島嶼地域での自然再生可能エネルギーの導入促進について

2、振り込め詐欺への対策強化について

1)犯行手段の傾向と検挙動向について

2)被害を防止するための取り組みについて

3)東京都が取り組む振り込め詐欺対策について

4)被害者への支援について

3、多摩振興と多摩の将来像ビジョンについて

)多摩産材の普及拡大について

2)多摩地域の広域連合の展望について

4、東京の水循環と雨水流出抑制対策について

1)雨水浸透ますの設置事業について

|

2013年3月 6日 (水)

民主党小金井支部の機関紙を配布しています。

現在、市民の皆様に、民主党小金井支部では新しい機関紙を発行し、配布をさせていただいております。可燃ごみ処理問題への見解、ローカルマニフェスト、市政に取り組む支部役員のご紹介等を掲載しています。下記のサイトからご参照下さい。

民主党小金井支部機関紙号外 → http://homepage3.nifty.com/s-n/report/press_13.2-2.pdf

|

2013年3月 5日 (火)

総務委員会にて尖閣諸島寄附金基金条例案について質疑を行いました。

本日は、都議会定例会、総務委員会が開会され、中途議決案件となっている平成24年度最終補正予算案等への質疑と採決が行われました。

都議会民主党は、総務委員会に付託された中途議決案件の全てに賛成し、全議案が可決されました。

平成25年度東京都予算案等は、今後、予算特別委員会等において審議されることとなります。

私は、本日の総務委員会において、尖閣諸島寄附金基金条例案について質疑を行いました。

質問の概要は下記のとおりであります。今後、都議会にて議事録が更新されましたら、あらためてお知らせいたします。

<西岡質問概要>

 尖閣諸島寄附金基金条例案について質問する。尖閣諸島は歴史的にも国際法上も疑いのない我が国固有の領土であって、現に我が国が有効に支配している。それにも関わらせせず、1970年代以降、中国や台湾が唐突に独自の主張を始めたのは、国連機関から東シナ海に石油埋蔵の可能性があるとの指摘を受けて尖閣諸島に注目が集ったからである。

 中国等の根拠の無い主張や振る舞いは、到底看過できるものではないが、海洋資源の確保が一国の繁栄にとって死活的な意味を持つことの現実を雄弁に語るものである。ひるがえって、我が国は、陸域のエネルギー・鉱物資源に乏しく、その需要のほぼ全てを海外からの輸入に依存してきた。しかし、近年は資源産出国において資源ナショナリズムが台頭しつつある。

 このような状況は、我が国のエネルギー・鉱物資源の安定供給確保、ひいては、経済・産業・国民生活に多大な影響を及ぼしかねない。他国の状況の影響を受けず、安定的な資源供給源を持つための取組が重要である。

 我が国の領土の面積は世界で第61位である一方、経済的な様々な権益を持つ排他的経済水域と領海を足した面積は、世界第6位の広さに膨らむ。そして、近年、これらの海域には石油・天然ガスに加え、メタンハイドレートや金属鉱物資源の新たな供給源として期待される海底熱水鉱床などの多様なエネルギー・鉱物資源の存在が確認されている。言うまでもなく、この広大な排他的経済水域、それに加え大陸棚を支えるのは、排他的経済水域を根拠づけるなどの、いわゆる国境離島である。

 都には沖ノ鳥島や南鳥島などの国境離島があり、その振興等を通じて我が国の約4割にも及ぶ排他的経済水域を支えている。私も海洋権益の確保の動向に強い関心を持っており、一昨年は、「沖ノ鳥島フォーラム」に参加し、その岸壁の整備状況や、海洋観測の様子などを聴講し、改めて、貴重な海洋資源に恵まれた沖ノ鳥島の重要性を認識した。

 尖閣諸島も国境離島の1つである。昨年9月、尖閣諸島は我が党政権時に国が取得し、保有することとなった。これを踏まえ、今後、尖閣諸島の平穏かつ安定的な維持管理を図り、これを確たるものとするために、都に寄せられた10万件、148千万円を超える貴重な寄附金を、状況を見据えて、国による活用に資する取組に対し託すことが、都が担うこととなる重要な役割であると考える。

○1、まず、これまでの都の取組みについて伺う。都は昨年9月、尖閣諸島において、洋上から現地調査を実施した。調査団員の大変な労苦と周到な準備に対し心より敬意を表するものであるが、この調査において、具体的に確認できたこと、また、調査に関して、その後どのような取組みを行ったのか伺う。

○2、都がこの現地調査を行った後、島々が国の保有となったことは周知のとおりであるが、これに関し、そもそも国境離島が公有化されることの意義に対する基本的認識について伺う。

 私は、尖閣諸島を国が保有し、所有形態を安定させたことを評価している。石原前知事による尖閣諸島の購入と活用の発議により都民・国民が改めてこの島々の重要性を認識し、我が党政権が諸情勢を踏まえて、島々を公有化したことは大きな意義があったと認識している。尖閣諸島が国の保有となった際、我が都議会民主党は、当時の野田総理大臣あてに「尖閣諸島の国有化について」と題した申入れを行った。この申入れにおいては、「今回の国有化が国有化のみに止まってしまっては、その意義は失われる」として、「自国領域維持の観点から、義務履行としての種々の行為が不可欠であり、更に実効支配が必要」との見解を明らかにしたところである。

○3、国が取得し、保有することで、一つの意義は果たされたが、多くの都民・国民からの志を託された都は、どのような現状認識を持っているのか伺う。

○4、国境離島の取扱いは非常にセンシティブな要素がある。尖閣諸島についても、国による保有の後、国内外の多くが眉をひそめた中国の過剰な反応に見舞われた。こうした要素を踏まえつつも、寄附者の志に適うよう、今後、都としてどのように取り組むのか伺う。

 先に触れたとおり、都は多くの離島を擁する。島の数については、データの取り方にとって様々であるが、財団法人日本離島センターのデータによれば、岩礁や瀬などを含めて、全国で4917の島しょがあり、そのうち、都は219を数えることができる。これは、五島列島を擁する長崎の876をはじめ、隠岐諸島の島根、奄美の鹿児島、瀬戸内海に面する愛媛や山口、南三陸海岸の宮城に次ぎ実に7番目である。我が国を海洋国家とすれば、東京にはそれを支えることも求められる。今後、尖閣諸島の活用に向け、寄附者の貴重な志である基金の活用を図るよう、引き続きの努力を願い、質問を終える。

|

2013年3月 4日 (月)

2020オリンピック・パラリンピック東京承知をIOC評価委員会視察団にPR!

130304_145753 130304_144648

今日は、IOC評価委員会の東京視察団へのPR対応に、トライアスロンの競技団体役員として、一生懸命に取り組みました。
ロンドン五輪トライアスロン日本女子代表の上田藍選手や足立真梨子選手、飯島健二郎日本代表監督ら、日本や都内のトライアスロン関係者が集いました。
他の競技団体から参加された大勢のアスリートの皆さんとともに、晴海埠頭の選手村、お台場海浜公園のトライアスロン競技会場から、2020東京招致のPRに奮闘しました。
最終選考は9月7日。何としても東京承知を実現しなければ!なりませんね。

|

2013年3月 3日 (日)

連日、街頭演説活動にも取り組んでいます!

連日、街頭演説活動にも精一杯に取り組んでいます!

先日2月17日、本日3月3日には、小金井市政に取り組む私達の政策等を広く訴えるため、民主党東京都連・民主党小金井支部合同の街頭演説活動を開催しました。

都内各地から、大勢の同志が応援に駆けつけてくれました。

この活動の模様は下記サイトをご参照下さい。

民主党東京都連ニュース → http://www.tokyo.dpj.or.jp/news/2013/02/18/2179

|

今週末も活発な週末活動。活動画像をご参照下さい。

今週末も、地域活動、民主党活動等に精一杯に取り組みました。

また多くの都民相談もお寄せいただきました。

3月1日(金)には、都政報告会・議員活動15周年の集いを開催させていただき、多くの皆様にご参集いただき、たくさんのご激励をいただきました。

この15年間に及ぶ活動の集大成や私の思い、そして都議会での活動を精一杯にご報告させていただきました。

2日(土)~3日(日)にかけては、小金井市内の地域総合型スポーツクラブ「黄金井倶楽部」主催の輪投げ大会、貫井南町東自治会自主防災会主催の防災訓練、鈴木成夫市議会議員や岸田正義支部政策委員の催事、民主党東京都連・民主党小金井支部合同の統一キャンペーン街頭演説会等に出席しました。

防災訓練では、東京都や東京消防庁が取り組みを強化して設置を支援するスタンドパイプの実施訓練も行われました。スタンドパイプは、可搬式ポンプとは違い、消火栓の水道管の水圧だけでポンプから散水できる効果的な装備です。

輪投げ大会は、市内の老人クラブの皆様が集まり、盛大に開催されました。始投式を担当しましたが、残念ながら、外してしまいました。輪投げの技術は大変なもの。とても難しいのですが、皆さん、本当に上手なのです。そしてとても楽しそうでした。

活動画像を添付いたしますので、ぜひご参照下さい。

都政報告会 市民交流センターにて

549890_148476965315640_1145405320_n

民主党街頭演説会 東小金井駅南口にて

602133_148809658615704_2134324940_3

輪投げ大会 小金井市立二中体育館

394588_148731981956805_1354976862_n

防災訓練 貫井南町

11580_148738958622774_366271117_n

スタンドパイプの実地訓練

130303_103124

初期消火訓練

130303_110108

|

本日、午後1時より、MXテレビにて一般質問が放映されます。

本日、午後1時より、MXテレビにて、2月27日に行われた西岡真一郎の都議会本会議・一般質問のダイジェスト版が放映されます。お時間のある方は、ぜひご覧ください。

今日は、午後より、小金井市内各所にて、民主党の街頭宣伝活動に取り組みます。

|

2013年3月 1日 (金)

西岡真一郎・都議会レポート最新号を発行しました。

平成25年度東京都予算案及び都議会民主党の取り組み等を特集した「西岡真一郎・都議会レポート最新号」を発行しました。

下記サイトからご参照いただき、お気軽にお要望等をお寄せ下さい。

都議会レポート最新号 → http://homepage3.nifty.com/s-n/report/report_13.2-yosan.pdf

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »